line@2x 100

学校紹介

HOME > 学校紹介 > 済々黌の四季

紫陽花(6月)

日付 : 21-06-21 00:00     HIT : 1626    

梅雨の雲が空を灰色に染め、落ちる雨粒が水面を揺らす中、昨年植えた紫陽花が見事な花を咲かせ見ごろを迎えています。
写真部の生徒が「水滴」をテーマに、梅雨の雨に濡れることでより一層美しく見せる紫陽花の姿を撮影してくれました。
紫陽花は土壌酸度や季節の移り変わりで色を変えることから、季節の変化や人の移り気を読む和歌や詩に使われることが多い花として知られています。
詩人の萩原朔太郎は移ろいやすい人の心を紫陽花に喩えてこのような詩を詠んでいます。

こころ

こころをばなにたとへん
こころはあぢさゐの花
ももいろ咲く日はあれ
うすむらさきの思ひ出ばありはせんなくて。
『純情小曲集』より抜粋

人の心はももいろに咲く喜びの日もあれば、悲しみのうすむらさきに染まる日もあるでしょう。
心に咲くあぢさゐの花、あなたの心の花は今、何色に咲いていますか?
(写真・文責 写真部・恩田)






済々黌の四季

2024



2023

・・・ 詳細を見る
・・・ 詳細を見る


2022

2022/02/20 照会: 1310

・・・ 詳細を見る


2021

2021/11/22 照会: 1219

・・・ 詳細を見る
2021/11/01 照会: 1017

・・・ 詳細を見る
2021/09/21 照会: 1157

・・・ 詳細を見る
2021/08/31 照会: 1298

・・・ 詳細を見る
2021/07/27 照会: 1396

・・・ 詳細を見る


 1  2  3  4  5  6  7  8  9  最後
seiseiko_sublogo2

COPYRIGHT © 2022 熊本県立済々黌高等学校. Allrights Reserved.